2012年06月13日

技術があるから工賃をケチる

辺境の地、サイレントヒル在住 報告「」です。

都会との唯一の接点を作る物。それは車。
我が愛車は軽自動車。
詳しく言うと軽貨物自動車。

最大積載量250キロをガソリンの尽きるまで運んでくれる頼もしいヤツ。
さらに過給機(ターボ)搭載。

これが意味する事は・・・

オイルの寿命が短いのだよ・・・

軽自動車って660ccの排気量で1トン近くの物を移動させているわけ。
自転車で例えると・・・
小学生が坂道を登ろうとしている状態。
つまり、軽いギアで沢山こがないといけない。
しかも、貨物タイプ。
さらに軽いギアで沢山こがないといけない。

普通車と比べて、オイルの劣化が激しい。
時速80キロを出すのに毎分4000回転もまわし続けなければならない。

車で一番大事なのは、エンジンです。
エンジンが調子良ければ、他は消耗品交換程度でしのげる。
エンジンが調子悪くなると、エンジンを降ろして修理しなければならない。

そのため、軽ターボのオイル交換は最低でも5000キロ。
自分は3000キロでオイル交換します。
(欲を言えば、3ヶ月以内って条件もつけたいところ)

ホームセンター2軒ハシゴして、オイル(4リットル缶)とオイルフィルターを購入。
カストロール GTX DC-TURBO 10W-30  1,980円
オイルフィルター             580円
工賃                    タダ
オイル処理費             未来に先延ばし 

オイルフィルターはオイル交換2回に1回程度の交換でおk。
次回はオイルフィルター交換がないので、手軽に上抜き交換の予定。
(下抜きはオイルパンのドレンボルトを外すのに対して、上抜きはオイルレベルゲージの穴にホース突っ込んでオイルを吸い出す)
(ポンプで吸い出すので、オイルの片付けが楽チン)

さて、次は車検だ・・・
posted by 報告「」 at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。